イタリア語の上達は交流が大切

イタリア語の上達は交流が大切

昔から、語学を覚える最大の方法は、その語学を母国語とする友人を持つことだとされます。イタリア語の上達においても、英会話と同じように会話が効果的です。

 

単語を覚える学習は大切ですが、文法の学習をしたり、DVDやビデオを聞いているだけでは上達しません。大切なのは、実践の会話によってスキルを身に付けることなのです。これは、すべての語学に共通することです。

 

イタリア人の友人と行動を共にすれば、それだけイタリア語と触れ合う機会が多くなります。語学の上達には、実践のスキルと場数を踏むことが重要です。

 

会話をするときは、友人の表情を見たり、反応を観察したりして、話の意味を把握していきます。学習して身に付けた知識があるなら、友人の前で試してみるのもよいでしょう。

 

日本では、イタリア人は少なく、巡り合うこともほとんどないはずです。資金に余裕があるのなら留学するという選択肢もありますが、基本的なイタリア語はマスターしておくべきです。

 

ほとんど会話ができない状態での留学は、精神的にも厳しくなるものです。会話ができないので友達もできず、寂しい思いをする人も多いようです。

 

■スクールに通学する
イタリア語を母国語とする講師がいるスクールで学習しましょう。日本人に習う方法もありますが、発音にはなまりがあり、本場の言語と比べて違和感を覚える人もいます。

 

■イタリアンレストランで仕事をする
イタリア人のシェフが運営するレストランで働くのもオススメです。仕事だと思えば甘えもなくなるため、上達するのも早くなるでしょう。


アドセンス広告