イタリア語上達レベルには検定試験

イタリア語上達レベルには検定試験

検定試験を受けてみて、自身のイタリア語のレベルを知りましょう。イタリアブームのためか、イタリア語に関する検定も複数あります。検定を受けることで、スキルの上達具合が把握できます。

 

■実用イタリア語検定
イタリア語検定協会による検定です。実用という名前からも、趣味ではなく、本格的な上達を目指す人のための検定になっています。

 

イタリアに留学したり、ビジネスや出張で活用するためには、一定レベル以上のスキルが必要となります。日常会話レベルのスキルでは、場合によっては通用しないこともあります。

 

相手と交渉するときは、語学のスキルが高く求められます。交渉のほか、書類を作成したりするときも、幅広い単語を知ることが大切です。

 

■検定の難易度について
検定は5段階に分けられています。最も難しいのが1級で、簡単なのが5級となります。

 

■合格率

  • 5級(70%くらい)
  • 3級(25%くらい)
  • 2級(11%くらい)
  • 1級(10%くらい)

 

■試験の概要
3から5級
リスニング・筆記試験になります。

 

1級と2級
リスニング・筆記試験(1次試験)、口述試験(2次試験)となります。イタリア語の上達度が総合的に判断される内容になっています。

 

■受験場所
日本の都市(13箇所)のほか、ミラノやローマでも受験できます。費用は4000?12000円となっており、どの級に挑戦するかによって価格が異なります。ある程度の上達を確認するためには、少しでも上の級に挑戦したいところです。


アドセンス広告