イタリア語を職業に生かす為の上達

イタリア語を職業に生かす為の上達

イタリア語をマスターして、イタリアに関わる職業に就きたいと考えている人はたくさんいるでしょう。人気の職業には、スポーツ・アパレル・旅行業・翻訳業・輸入業などがあります。特に旅行地として人気があるため、旅行代理店に籍を置いて、添乗員や観光ガイドとして活躍するのもオススメです。

 

日本では、イタリア家具の評判がよく、高値で取引されています。インテリア業界においても、イタリア語を使って交渉する機会がある場合は、言語を話せる人材を希望するようです。こうした職業では、どの程度の言語のスキルがあるかを調べられるため、上達のための勉強は欠かせません。

 

プライベートや旅行と違い、仕事とする場合は現地の人間との交渉も含まれます。交渉には高いスキルが必要であり、趣味のレベルを超えた上達が求められます。本格的に上達するためにも、イタリア語のスクールで学習するなどして知識を高めましょう。

 

■アパレル業界の現状
世界的にも知名度の高いブランドが揃っています。ファッション、アクセサリー、バッグなど、イタリアならではの高級品が多くなっています。

 

これらの商品を客に勧めるときは、現地の人間の交渉にも対応できることが必須です。ぎこちないイタリア語では、交渉や相談に応じられないことも多いため、一定以上のスキルの上達は必須となるでしょう。

 

また、イタリアはスポーツが盛んな国としても有名です。近年のワールドカップから自転車レースなど、趣味や娯楽に対する熱意が強い国なのです。こうした国民性を理解したビジネスを立ち上げられれば、国内にはないチャンスが掴めるかもしれません。


アドセンス広告